ページトップへ

ブランドシリーズArts and Crafts
-アーツ アンド クラフツ-

Arts and Crafts

英国スタイルのたたずまいを今に~誇り高き職人であれ~

 

「Arts and Crafts-アーツアンドクラフツ-」に託す思い

深みのあるレンガ調のサイディングと勾配屋根の組み合わせが、重厚な趣を生み出す黒澤建設の「Arts and Crafts」シリーズ。心をこめて一戸一戸つくり上げていく気持ちを大切にしながらご提供しています。

19世紀の英国に生まれたアーツアンドクラフツは、生活と芸術を統合するデザイン運動です。産業革命によって工業化が進んだこの時期、日常生活に普及する大量生産品には質の悪い製品も多く混じっていました。そんな現状を憂いたのが、思想家でありデザイナーであったウィリアム・モリスです。彼は職人の手仕事を重視しながら、生活に密着した家具や壁クロスなどを製作していきました。このアーツアンドクラフツ運動は、やがてアール・ヌーヴォーなど西欧諸国のデザイン活動に大きな影響を与えていきます。

黒澤建設は、丁寧なものづくりを大切にしたアーツアンドクラフツの思想を受け継ぎ、現代日本の家づくりへと取り込んでいます。

⇒事例集へ 

品格ある英国のデザイン様式を外観に再現

英国では、上質な市民生活を支えてきた多様なデザイン様式が今も暮らしの中に根付いています。黒澤建設は、英国の伝統的なデザインのエッセンスを取り入れながら、現代の住まいにもなじむ仕様や、求められる性能を満たした住まいをつくり上げています。

厚みを備えたレンガ調のサイディングを用いた外壁には鋳物装飾の手摺りや照明器具を添えて、深い陰影のある表情を生み出します。窓枠や張り分け部分には立体感のある装飾モール、ハーフティンバーをイメージした外壁など、あちこちに本格的な意匠を引用しています。

これらのデザインは、黒澤建設のスタッフが、コッツウォルズをはじめとする英国の古い街を訪れて直接学び体感した経験を生かしたものです。石畳風のアプローチやかたわらに施した植栽などの敷地全体で、日々の暮らしを楽しむ英国直伝の空間構成を再現します。

 

⇒事例集へ

クラシカルで落ち着いた雰囲気のブリティッシュスタイル

「Arts and Crafts」の家にはアンティーク家具がよく似合うのが特徴。新築の時から長年底に住んでいるような肌なじみの良さを感じていただけるデザインになっています。

シックな色調や柄物のクロスを配し、装飾的なモールディングを回して空間にアクセントを与えます。天井高と造り付け家具の寸法比など、デザインが本来もつ意味を読み解いたうえで日本風にアレンジしています。

使う部材にもこだわりました。白い縁取りをした開口部は、英国風の上げ下げ窓に。洗面化粧台の壁にはシックなモザイクタイルを施し、洗面ボウルや水栓金具にはおしゃれな英国製の器具を用いることも珍しくありません。床材は深みのあるブラックウォルナット、気品のあるクラシカルな框組建具やアクセントになる表し梁など、その家ごとに、ふさわしいデザインの空間をつくり上げています。

こうした仕様・デザインを際立たせるのが、間取りの工夫です。部屋と部屋の間をアーチでつないだり、ニッチ風の小コーナーを設けたり。変化を付けた空間構成により、それぞれの家族に心地良い居場所を提供します。

 

⇒事例集へ